7400万円の賠償命令

亀岡で起こった無免許運転の暴走事故、賠償金を求めた裁判の判決が京都地裁で出ました

2億2千万円を請求したけれど、判決は約1/3の7400万円、これが高いかどうかですね

未成年者だから親への支払いも求められるのだろうけど、子供が支払うのは当たり前だけど親は大変ですよね

仮に支払うとしても普通は分割、となれば一生返済に追われるという事ですよね

そうなれば親も支払う事になるのだろうし、住んでいるところを売却することも考えるでしょう

親の監督義務というものも問われていたし、正直大学生にもなった子供に対して監督義務もないんですけどね

行っても聞かないことがほとんどでしょう

朝まで京都市内で遊んでそのまま家に帰ろうと居眠りをした

無免許運転と知っていて周囲も運転させた、簡単なことだけど人生を左右することなんですね

事を起せば自分の人生が終わってしまう、子供には口が酸っぱくなるほど言わなくてはいけないのでしょうね

1分に1組が結婚し3分に1組が離婚する今の世の中

一緒に住んでみて初めて相手の嫌な面が分かったり、長年耐えてきたんだけど子供が離れたことを機にと離婚を考えたりするみたいです

もちろん人生というのはここが大事にしていかなくてはいけないこと、耐えてばかりではいけないでしょう

少しでも幸せになるために離婚を考える、これは当然のことですよね

ただ離れるとなればやっぱり問題が生じるもの、でもこれらを優位に運ぶことがそのあとの生活に大きく影響するんです

そのためにはやっぱり弁護士、特に離婚問題に精通している弁護士を選ぶことが大事でしょう

横浜スタジアム近くの関内駅、ここから歩いて5分の所に安田法律事務所はあります

法律に関係するのならばやっぱりエキスパートを選ぶこと、離婚 弁護士 横浜でググって欲しいですね